住まいのメンテナンス

 住まいのメンテナンス

 

メンテナンス1

 

    冷蔵庫やテレビなどの電化製品の裏側の壁には、静電気により黒いススがつくことがあります。

 そうならないためには電化製品を壁から少し離して置くか、壁との間に板を置くとよいでしよう。  

 

メンテナンス2

 

    壁のクロスは、こまめに乾拭きして下さい。汚れがある場合は、決して強くこすらず、

 歯ブラシなどでやさしくブラッシングして汚れを浮かせ、固く絞った雑巾で拭けばよいでしよう。  

 

メンテナンス5

 

    流し台のステンレスの汚れを放っておくと錆びつくことがあります。

 こまめにスポンジや柔らかい布を使い中性洗剤で汚れを落として下さい。

 なお、排水管が詰まる原因となりますのでゴミや油は絶対流さないで下さい。  

 

メンテナンス3

 

    カビはエチルアルコールを使えばほとんど死滅します。

 ただし、アルコールは揮発性があるため持続性がありません。

 壁や天井などのカビは、カビ取り剤や塩素系漂白剤を水で薄めて拭き取ると効果的です。  

 

メンテナンス5

 

    流し台のステンレスの汚れを放っておくと錆びつくことがあります。

 こまめにスポンジや柔らかい布を使い中性洗剤で汚れを落として下さい。

 なお、排水管が詰まる原因となりますのでゴミや油は絶対流さないで下さい。  

 

メンテナンス6

 

    キッチンが油で汚れたら、ティッシュペーパー等ですぐに拭き取れば十分きれいになります。

 このとき、ガス台だけでなく周りの壁や床にも飛び散っているので、忘れずに拭き取りましよう。  

 

メンテナンス7

 

    浴室・浴槽は、中性洗剤や浴室用洗剤を使い、スポンジ等で定期的に掃除して下さい。

 固いタワシや硫酸・塩酸タイルクリーナー、ベンジン、シンナーなどは絶対に使用しないで下さい。

 浴室は湿気が多く、結露やカビがよく発生するところです。これを防ぐため、入浴後は十分に換気して下さい。

 なお、ユニットバスはFRP<強化プラスチック>でできており、重いものを落としたりすると、

 傷がついたりひび割れを起こすことがあるので注意が必要です。

 また、排水管を詰まらす原因となることから髪の毛などは、排水管に流さないで下さい。  

 

メンテナンス8

 

    洗面台の汚れは、中性洗剤を使い、スポンジで拭き取ると良いでしよう。硫酸やシンナー等の溶剤は使用しないで下さい。  

 

メンテナンス9

 

    階下への音を和らげるためにイスやカーペットの脚にゴムキャップを付けたり、フローリングの床にカーペットを敷いたりします。

 テレビ、ステレオなど音の出るものは壁から離して設置しましよう。  

 

メンテナンス10

 

    冬季に室内と室外の温度差によって、窓ガラスや玄関扉の内側に付着する水滴が結露です。

 これは室内の暖まった空気が外との境目にある冷たくなった窓ガラスや壁に触れ、冷やされた結果、水滴になるものです。

 結露をそのままにしておくと、そこにホコリ、ゴミ等が付き、カビの発生原因となります。

 防止方法としては、水滴はよく拭き取り普段から通風に心掛けましよう。新築の建物や機密性の高い部屋は、壁と家具の間、

 押入やク口ーゼツトの内側に湿気が溜まりやすいので隙間を作りましよう。

 暖房を使用するときは、窓ガラスや壁の内側に湿気が溜まりやすいので、時々窓を開け換気をして下さい。
 浴室や台所を使用する際には、換気扇を回したり、晴天のときは、窓や押入等を開放して良く換気をします。

 また、室内で洗濯物を干したりすることは、なるべく避けましよう。。  

 

メンテナンス11

 

    洗濯機の給水ホース、排水ホースがきちんと差し込まれているかを時々チェックして下さい。

 特に排水ホースがはずれて水漏れ事故が発生するケースが多いので注意して下さい。  

 

メンテナンス12

 

    冬の寒い日は、就寝前に水栓を開け少しずつ水を出しておくことで水道管の凍結を防ぐことができます。

 特に寒冷地では、水栓を開けておくことがルールとして定められている地域があります。  

 

メンテナンス13

 

    停電や故障などで断水したときは、水道の栓を必ず閉めること。開けたままにしておくと知らないうちに水が出て、

 部屋が水浸しになったり、階下へ水が漏れたりするので注意して下さい。  

 

メンテナンス14

 

    釜の内部に垢が付着していると不衛生なだけでなく、熱の伝導をさまたげ、不経済です。

 普段は循環口からホースで強く水通水を流し込み、内部をよく掃除するようにして下さい。  

 

メンテナンス15

 

    アルカリ性及び酸性洗剤は、排水パイプや浄化槽を傷めるので絶対に使用しないで下さい。

 必ず中性洗剤を使用し、スポンジ等の柔らかいもので洗い況して下さい。  

 

メンテナンス16

 

    給水音が大きい場合は、上水栓で水量を調節すると音が小さくなります。  

 

メンテナンス17

 

    エアコンのフィルターはホコリがたまりやすく目づまりを起こして壊れることもあります。

 エアコンは住居の設備として部屋についていることも多く、過失で壊した場合、入居者が修理費用を負担するケースもあります。

 2週間に1度はフィルター面に付着した埃を掃除機で吸い取るなどの手入れをして下さい。